補聴器を付ける女性

補聴器の使い方

補聴器を購入した際には多くの場合はアフターサービスが利用できます。定期的に補聴器の聞こえの調整や点検、補聴器の掃除などをアフターサービスを利用する事によって様々なサービスを受けることが出来ます。このアフターサービスを受けられる間には、しっかりとメンテナンスなどを受けておきましょう。アフターサービスを利用することによって、補聴器を長い間使用することが出来るようになります。また、難聴になりたての頃は補聴器に慣れるまでに時間もかかり、聞こえなどに関しても不安に思う方もい多いでしょう。そのような場合も購入した販売店のアフターサービスで無料で相談などを受けられるようになっているので不安に思うことなどを相談してみる事が大切です。難聴のことについて詳しい専門の販売員の方が難聴に関する不安や疑問にも丁寧に答えてくれるので、相談する事も大切になってきます。難聴と診断された場合は、アフターサービスがしっかりとした店舗で補聴器を選びましょう。

難聴の聞こえのレベルに合わせることによって正しく補聴器としての価値を発揮します。しかし、過ごす環境によっては音質などを再調整する必要があります。最近では、多くの方が利用するようになったデジタル補聴器ですが、自分で調整するために、専門の販売員の方に相談して調整の方法を自分でも出来るようにしましょう。老人性難聴の場合は、その日の調子などによって調整が必要になるので、その日の調子に合わせて設定できるように必ず設定方法などを覚えましょう。

補聴器は精密機械です。そんな補聴器にとって湿気は機械をダメにしてしまう要素の1つとなっています。使用しない時は、電源を切り電池なども外してから専用のケースに閉まっておきましょう。この保管の方法を取っていれば、早く壊れる心配はありません。他にもよく使用される耳穴タイプを手入れする場合は、音を伝える穴の部分によく耳垢が溜まるので手入れ専用のブラシで定期的に耳垢をキレイにしましょう。空気電池のシールなどを剥がしたい場合は剥がした後にのりが残っていないのをしっかりと確認して使用しましょう。耳かけタイプの場合は、イヤーモールドの部分や耳栓の部分に耳垢が詰まっている可能性が高いです。耳垢がある場合は専用のブラシを使用してから耳垢をキレイに落としましょう。耳にかけるフックの部分も汚れやすい部分となっているので、しっかりとアルコールに浸した布で拭きとったり、綿棒などで細かい部分まで汚れを落としましょう。また、本体部分から出ているチューブに水が溜まったりするので、夏場の汗がかきやすい時期はこまめに水や汗が溜まっていないか確認してから水滴が合った場合は拭き取りましょう。このようにこまめな手入れが大切になってくるので、管理を徹底する事が大切です。

補聴器の聞こえは難聴のレベルや症状でも変わってきます。そのため、難聴のレベルに合わせた調整が必要になってきました。そのため、難聴を改善するためには補聴器の調整が必要不可欠になってきます。難聴の相談を行なう場合は専門医や専門の販売員にしっかりと相談する事も重要になってきます。難聴に悩んでいる場合は知ることも大切なのでしっかりと自分の症状を理解しておく必要があります。とくに、病気などで難聴になってしまった場合は突然聞こえなくなってしまう事もあるので、多くの方が失聴してしまうのではないかと不安になってしまいがちになってしまうので、自分の病気について知っておくと安心して治療や補聴器の選択や調整がスムーズに行えるようになります。近年では、高齢者の方だけでなく、若い方も難聴になってしまう事も多いので、様々な方が注意する必要があります。突発性の難聴の場合は何の前触れもなく難聴になってしまう事が多いので、パニックを起こさず冷静に医師の診断を聞くことが大切です。難聴は一時的なものも多いので、焦らずに治療などを行なうことが大切です。