補聴器を付ける女性

難聴と補聴器

難聴は補聴器を使用すれば改善することが出来るようになっていると思っている方が多いですが、必ずしも難聴と補聴器が結びつくとは限りません。例えば、重度の難聴の場合は、補聴器を使用しても症状が改善されない場合もあります。そのような場合は、補聴器を使用することが出来てもあまり意味をなしません。また、難聴の症状には耳鳴りも症状に含まれますが、この耳鳴りを改善するための専用の補聴器もあります。ただ単に聞こえが悪いだけなら補聴器を使用して改善することが出来ますが、聞こえの状態を考えて購入することが求められます。多くの難聴は軽度や中度のものが多いですが、重度の方でも使用することが出来るタイプのものもあるので自分に合うものを選ぶことが重要です。

補聴器には様々な形や種類があります。使いやすい形を使用することによってストレスを抑えたりすることが出来るようになっています。耳にかけるタイプのものと、耳の穴に入れるタイプのものは種類も多く、多くのメーカーが販売しています。この2つのタイプは、様々な聞こえに合わせて購入できる最も一般的な補聴器となっています。ポケットに本体を入れてイヤホンと組合わせて使用するものもあります。操作なども簡単で老人性難聴の方がよく使用するタイプのものとなっています。メガネの形をした補聴器もあります。この補聴器は、メガネのつるの部分に補聴するための、装置が内蔵されているので、メガメとの併用が出来ます。FM送信機から所持している受信機に音を送ったりすることが出来る特殊タイプのものは、一般的なものでは難しかった騒音のシャットアウトや高音域の音も聞き取りやすいのが特徴的です。難聴のレベルによって使用することが出来なかったりするので、自分の聞こえのレベルをしっかりと理解しておきましょう。