補聴器を付ける女性

医療費控除

難聴になってしまった際に使用する補聴器は管理医療機器として分類されます。管理医療機器とは、管理する際に専門的な知識や技術が必要になる医療機器の事を管理医療機器と言います。また、副作用や機能に障害を起こしてしまった場合に人体の機能や健康に影響を与えてしまうので、しっかりと管理していく必要があります。このような管理医療機器は定期的なメンテナンスが必要なのと、精密に作られている機器なので値段的には非常に効果なので、購入をためらってしまう方が多いのが現状です。しかし、近年は難聴への理解も高まってきているので、難聴の方への支援を地方自治体が行なってくれるようになっているので支援制度などを利用する事を考えてみましょう。

聴覚障害者等級によって補聴器を購入する購入費を助成してくれるようになっています。難聴と診断された場合は、まずは各市町村の福祉担当の方に相談しましょう。聴覚障害者等級をであると各市町村が紹介する指定医が認めた場合は補聴器を購入する際には多くの市町村で助成金が出ることになっていて最大9割は助成金を出してもらえるのです。難聴の場合は、症状やレベルによっても等級が変化するので、補聴器の購入を考えるなら各市町村に申請を出してみることも視野にいれると自己負担額を少しでも抑える事が出来ます。

医療費控除の制度は、医療にかかった費用が10万円を超えてしまった場合に税金が軽減される制度となっています。もちろん管理医療機器である補聴器も医療費控除の対象となります。医療費控除を申請するには医師の診断書が必要のなってくるので、難聴であっても病気治療の一環として補聴器が必要であると判断された時だけ医療費控除を受ける事ができます。そのため、軽い難聴で医療費の控除を受ける事は難しいという事を覚えておきましょう。医療費控除の申請を行なう際には治療のために必要であると医師が診断を出したという事を証明する医師の診断書を添付する必要があるので医療費の控除申請を行なう際には診断書を医師に発行してもらいましょう。

基本的に補聴器は難聴のレベルに合わせて、または機器の性能によって値段が変わります。基本機能のみの補聴器の価格帯は5万円から10万円が普通で、軽度や中度の難聴はこの価格帯のものでも日常生活を送ることが出来る方が多いです。普及率の高い価格帯のものは10万円から20万円となっていて、難聴の多くの方が使用しています。機能的にも基本機能のみのものに比べると使い勝手や性能が高くなっています。性能が高いものは、多くの場合20万円から30万円ほどとなっています。このタイプのものは、中度から重度の難聴の方が利用しているタイプの補聴器です。難聴の症状に合わせて購入する事が大切になってきます。