補聴器を付ける女性

補聴器とは

耳が衰えてしまったり、耳の病気になってしまったりすると耳が聴こえづらくなってしまいます。そんな時にそのままの状態にしてしまうと、多くの方が日常生活に支障をきたしてしまう場合が限りなく高くなってしまいます。話し声やテレビの音が聞こえないととても不便です。しかし、その聞こえを耳の代わりにカバーが出来るようにするのが補聴器の役割です。聞こえにくいを改善するために使用するのが補聴器です。耳は身体の器官の中でもデリケートな部分なので、ちょっとした衰えや傷がついた場合などに難聴になってしまう場合があります。この難聴の症状は年齢を重ねてから出てきやすくなります。しかし、病気で難聴になってしまう場合もあります。補聴器は様々な難聴の症状を改善するために使用する管理医療機器の1つです。

老人性難聴はどんどん耳の機能が衰えてしまうことによって聞こえづらくなってしまっています。しかし、一度失われてしまった耳の機能はほとんど回復することはありません。だんだんと聞こえづらくなってしまう老人性難聴の場合は不安感を感じる事は少なくて済みますが、若い方に多い突発性難聴の場合はある時急に音が聞こえづらくなることがあります。日常生活を過ごしていて、急に耳の機能が低下することはほとんどありません。そのため、不安になってしまう方が多いようです。しかし、難聴は症状にもよりますが補聴器を使用すれば、日常生活に支障をきたしてしまうことはありません。