補聴器を付ける女性

補聴器とは

補聴器は難聴になってしまった際に音を拾いやすくしてくれるための機器です。近年では管理小型化されていて装着も簡単なので気軽にコミュニケーションを取ることが出来たり映画などを楽しむことが出来るようになっています。

難聴と補聴器

難聴の症状によっては補聴器が必要ない場合もあります。しかし、多くの場合は補聴器が必要なので、難聴と補聴器は切っても切れないような関係にあります。そのことを考えながら難聴と補聴器について考えましょう。

購入の際に

難聴だと診断されて補聴器の購入を考える際には、補聴器の種類や特徴などをしっかりと理解してから購入するようにしましょう。販売店で試すのはもちろんですが、近年ではインターネットなどでも購入可能となっています。

レンタルも可能

補聴器は金額的にも少し高額なので、多くの方が難聴になっても購入することが出来ないという方が多いです。しかし、購入できなくてもレンタルすることができるサービスもあるので購入ができない場合はレンタルを利用すると良いでしょう。

補聴器の使い方

近年補聴器はかなり小型化している上に精密機械です。そのため、多くの方が初めて利用する際に戸惑ことが多いのです。このページでは、難聴になった際に使用する補聴器の使用方法を紹介します。

医療費控除

難聴は日常生活に影響を及ぼしてしまうことが多いため、多くの場合は補聴器の購入などが勧められます。購入の際には医療費の控除が受けられるので安心して購入することが出来ます。

難聴を理解する

突然のめまいに襲われたらサプリメントで解決しましょう。血行不良を解消してくれる効果が備わっていて薬との服用も可能です。

多くの方が勘違いされがちですが、難聴とは耳が全く聴こえなくなる病気ではありません。あくまでも耳が聴こえにくくなってしまう病気が難聴です。耳が全く聴こえなくなってしまう症状は失聴と言われています。高齢者の場合は年々耳を使用することによって耳の機能をすり減らしてしまうのでだんだん聴こえなくなってしまうのですが、難聴は高齢者だけの病気ではありません。中には突然聴こえにくくなってしまうこともあるのです。耳はとくに繊細な器官なので、そのような場合は早期の治療が必要になってきます。難聴は身近な病気なので、しっかりと知識を持っておくことはとても重要です。

難聴には症状によって種類分けされます。この種類を理解しておくことで、自覚症状を早めに感じることが出来るようになります。伝音性難聴と呼ばれるものは、外耳と鼓膜、中耳の音を神経に伝える器官が何らかの障害を起こしてしまうことによって起こる難聴です。代表的な伝音性の病気は中耳炎などです。聴覚の神経に異常がみられる場合が少ないので治療することが可能な難聴となっています。また、補聴器を使用する事によって大きな効果を得ることが出来る難聴でもあります。また、重度の難聴になることがないので、比較的症状は軽度で済みます。感音性難聴は内耳または聴覚神経に障害が発生した場合に多くみられる難聴です。現在の医療では治療が困難となっているので、補聴器などに頼ることになります。突発性難聴は感音性の代表的な難聴となっています。めまいなどを伴うことのあるメニエール病なども代表的です。感温性の場合は気づいたらすぐに医師に診てもらうことが大切です。混合性難聴の場合は、伝音性と感音性の二つの症状を併せ持っている難聴のことを混合性と分類します。混合性の代表は老人性難聴となっています。

聴力によっても分類されるのが難聴です。軽度難聴は補聴器がなくても日常生活に支障がでないような症状です。ただし、囁き声や小さな音などが聞き取れない状態なので、健康な耳の状態とは言えません。中度難聴の場合は、補聴器がないと日常生活に支障がでてきてしまいます。なぜなら、日常的な会話をするような声や音も聞き取ることが難しくなっているからです。大きな声や耳元で話せば聞こえる程度の聴力を持っています。高度難聴は補聴器を使用しても通常の会話が困難な状態です。補聴器を使用しても会話などが出来ないため、手話を使用して会話を行ないます。重度難聴はほとんど音の聞こえない状態です。補聴器を使用しても多くの場合は音がなっているかどうかの判断が出来る程度となっています。中度難聴までは、補聴器を使用すれば、日常生活に支障がでることはありません。そのため、難聴で補聴器を必要としている方は多くの方が中度難聴や軽度難聴の方となっています。